1億円プレーヤー増加の一途 上場企業“役員報酬”ランキング

公開日: 更新日:

 上場企業の1億円プレーヤーは増加の一途だ。

 2017年(1~12月)決算で1億円以上の役員報酬を開示した企業について、29日、東京商工リサーチがまとめ、公表した。それによると、開示企業は335社、人数は627人で、ともに過去最多を更新したという。

 別表は高額報酬上位30人のリスト。トップの103億円には目が飛び出るが、目立つのは外国人の多さである。トップ10に7人が入った。

「グローバル化が進む中で、外国に販売ルートを開拓するためなど、外国人役員をヘッドハントする企業が増えてきています。ヘッドハントのために欧米並みの高い報酬を約束することも少なくないとは思いますが、基本報酬よりも業績連動の成功報酬である賞与やストックオプションで支払うケースが増えています」(東京商工リサーチ情報本部の坂田芳博氏) 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  2. 2

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  3. 3

    コロナ“現地対策本部長”橋本議員 写真削除で露呈した無能

  4. 4

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  7. 7

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  8. 8

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  9. 9

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る