野球ファンが士官候補生に差し出した傘が意味することは…

公開日:

 百万言を費やすより、1つの行為が雄弁に物事の本質を物語る場合がある。大リーグ、アトランタ・ブレーブスの、あるファンが示した行為はその好例だろう。

 5月28日は、米国の祝日メモリアルデー(戦没将兵追悼記念日)。文字通り、兵役中に亡くなった兵士を追悼する日だ。

 この日、米アトランタ州ジョージアの野球場サントラスト・パークでは雨の中、地元アトランタ・ブレーブスとニューヨーク・メッツの試合が行われた。同球場の客席には1つ空席があり、捕虜もしくは任務中に行方不明になった将兵の記念碑が設置されている。

 記念碑には「第一次世界大戦以来、9万2000人以上の米軍将兵が行方不明になっている。この空席は勇敢な男女の記憶と、彼らがこの国に奉仕するうえで払った犠牲に捧げられたものだ」と記されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る