空港でiPhoneに見入る米兵士 祝福の声が上がったワケは…

公開日:

「出産間近で赤十字病院に入院した」

 米テキサス州のフォートブリス陸軍基地で訓練を受けていた陸軍州兵のブルックス・リンゼー特技兵(25)は今月4日、ミシシッピ州ブランドンにいる妻ヘイリーさんから緊急連絡を受けた。

 米紙ワシントンポスト(9日付電子版)などによると、ヘイリーさんは出産の際、母子ともに危険な状態になる恐れがある「妊娠高血圧腎症」と診断されていた。

 陸軍州兵は「妻もしくは母親が緊急事態の場合」に限って帰郷が許される。リンゼーさんは大急ぎでダラス・フォートワース国際空港に行ったが、ミシシッピに向かう便は大幅に遅れていた。

 しかし、人生、何が幸いするか分からない。空港ロビーで焦燥感に苛まれていた時、出産に立ち会っていた母親から「陣痛が始まった」と連絡が。そしてiPhoneのビデオ通話「フェイスタイム」で出産の一部始終を送信し始めたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る