バーで酔い拳銃が…FBI捜査官“暴発ハプニング”全米で拡散

公開日: 更新日:

 FBI(米連邦捜査局)の捜査官という知的でクールなイメージがあるが、こんなでたらめな人間もいた。

 米紙ワシントンポスト(3日付電子版)などによると、FBIの捜査官が2日未明、非番の時に米コロラド州デンバーのナイトクラブ「マイル・ハイ・スピリッツ・ディスティラリー&テイスティング・バー」で一杯ひっかけた。ノリノリで腰をくねらせて踊り、調子に乗ってバク転をしてみせたところ……。

 バク転の遠心力で拳銃が腰のホルスターから飛び出し、床に。慌てた捜査官は拾おうと拳銃をつかんだところ「パンッ!」と暴発した。弾はバーにいた男性客の脚に命中してしまった。

 デンバー市警によると、男性客はすぐに近くの病院に搬送され、治療を受けた。命には別条はないという。暴発FBI捜査官は、デンバー市警本部で取り調べを受けた後、身柄をFBIに引き渡された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  3. 3

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  4. 4

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  5. 5

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  6. 6

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  7. 7

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  8. 8

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  9. 9

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  10. 10

    安倍政権の逃げ切りを許せば、日本の民主主義の未来はない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る