• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

バーで酔い拳銃が…FBI捜査官“暴発ハプニング”全米で拡散

 FBI(米連邦捜査局)の捜査官という知的でクールなイメージがあるが、こんなでたらめな人間もいた。

 米紙ワシントンポスト(3日付電子版)などによると、FBIの捜査官が2日未明、非番の時に米コロラド州デンバーのナイトクラブ「マイル・ハイ・スピリッツ・ディスティラリー&テイスティング・バー」で一杯ひっかけた。ノリノリで腰をくねらせて踊り、調子に乗ってバク転をしてみせたところ……。

 バク転の遠心力で拳銃が腰のホルスターから飛び出し、床に。慌てた捜査官は拾おうと拳銃をつかんだところ「パンッ!」と暴発した。弾はバーにいた男性客の脚に命中してしまった。

 デンバー市警によると、男性客はすぐに近くの病院に搬送され、治療を受けた。命には別条はないという。暴発FBI捜査官は、デンバー市警本部で取り調べを受けた後、身柄をFBIに引き渡された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  6. 6

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る