バーで酔い拳銃が…FBI捜査官“暴発ハプニング”全米で拡散

公開日:  更新日:

 FBI(米連邦捜査局)の捜査官という知的でクールなイメージがあるが、こんなでたらめな人間もいた。

 米紙ワシントンポスト(3日付電子版)などによると、FBIの捜査官が2日未明、非番の時に米コロラド州デンバーのナイトクラブ「マイル・ハイ・スピリッツ・ディスティラリー&テイスティング・バー」で一杯ひっかけた。ノリノリで腰をくねらせて踊り、調子に乗ってバク転をしてみせたところ……。

 バク転の遠心力で拳銃が腰のホルスターから飛び出し、床に。慌てた捜査官は拾おうと拳銃をつかんだところ「パンッ!」と暴発した。弾はバーにいた男性客の脚に命中してしまった。

 デンバー市警によると、男性客はすぐに近くの病院に搬送され、治療を受けた。命には別条はないという。暴発FBI捜査官は、デンバー市警本部で取り調べを受けた後、身柄をFBIに引き渡された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    マルチ商法「ジャパンライフ」にチラつく安倍政権との関係

もっと見る