有森隆
著者のコラム一覧
有森隆ジャーナリスト

 30年余、全国紙で経済記者。豊富な人脈を生かし、取材・執筆活動中。「カルロス・ゴーン『経営神話』の自壊」(「月刊現代」2004年9月号)、「C・ゴーン『植民地・日産』の次の獲物(ターゲット)」(同09年1月号=最終号)などを執筆。ゴーン会長の欺瞞性を鋭い筆致でえぐり出した。この仕事ぶりが、今、再び脚光を浴びている。

スルガ銀行<下>金融庁の森長官が「モデル銀行」と絶賛

公開日: 更新日:

 スルガ銀行は岡野家の銀行である。数少なくなった同族経営である。

 ユニークな頭取は3代目の岡野喜一郎。希代のコレクターとして、美術界に大きな足跡を残した。

 喜一郎は戦後、彗星のごとく登場したフランスの天才画家ベルナール・ビュフェに魅せられた。私財をなげうって作品を一点一点買い集め、1973年、世界初のベルナール・ビュフェ美術館を開設した。

 喜一郎の息子で、5代目頭取の岡野光喜もアイデアマンだ。1945年生まれで、慶応義塾大学経済学部卒。85年、創立90周年、新本店落成を機に、岡野家本家の御曹司である光喜が40歳の若さで頭取に就いた。光喜は頭取の肩書を社長に変えた。

 当時は法人貸し付けが全盛の時代だった。スルガ銀行は東に横浜銀行、西に静岡銀行という巨大地銀に挟まれている。生き残るために独自の営業戦略が必要になった。そこで、個人融資に特化するビジネスモデルに大胆に転換した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る