決勝Tほぼ手中に 快進撃ロシアにぶら下がるニンジンの中身

公開日: 更新日:

 開催国ロシアが決勝トーナメント進出を手中に収めた。

 地元の大声援の中、後半2分にオウンゴールで先制。14分にMFチェリシェフ(27=ビリャレアル)が大会3ゴール目を決め、17分にはFWジュバ(29=アルセナル)の2戦連続弾でダメ押し。守っては、相手のエースストライカーで英プレミアリーグ得点王サラー(25=リバプール)のPKによる1点に抑え、開幕から2連勝である。21日にウルグアイがサウジアラビアを下せば、1次リーグ最終戦を残して決勝トーナメント進出が決まる。

 出場32カ国中、FIFAランク最下位のロシアによる予想外の快進撃。政府からぶら下げられたニンジン効果も大きい。

 ロシアは、国家ぐるみのドーピング違反が発覚して、16年リオ、今年2月の平昌の五輪2大会で出場制限を科された。両五輪では、大会期間中にも違反者を出して、ロシアスポーツ界の信用は完全に失墜した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  9. 9

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る