• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

決勝Tほぼ手中に 快進撃ロシアにぶら下がるニンジンの中身

 開催国ロシアが決勝トーナメント進出を手中に収めた。

 地元の大声援の中、後半2分にオウンゴールで先制。14分にMFチェリシェフ(27=ビリャレアル)が大会3ゴール目を決め、17分にはFWジュバ(29=アルセナル)の2戦連続弾でダメ押し。守っては、相手のエースストライカーで英プレミアリーグ得点王サラー(25=リバプール)のPKによる1点に抑え、開幕から2連勝である。21日にウルグアイがサウジアラビアを下せば、1次リーグ最終戦を残して決勝トーナメント進出が決まる。

 出場32カ国中、FIFAランク最下位のロシアによる予想外の快進撃。政府からぶら下げられたニンジン効果も大きい。

 ロシアは、国家ぐるみのドーピング違反が発覚して、16年リオ、今年2月の平昌の五輪2大会で出場制限を科された。両五輪では、大会期間中にも違反者を出して、ロシアスポーツ界の信用は完全に失墜した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る