スペースマーケット・重松大輔社長<4>不動産流動化は進む

公開日:

「あらゆる空間のレンタル仲介」のアイデアをもとに起業

 ホームパーティーや会議、撮影などに使えるさまざまな空間のレンタルをネットで仲介しているスペースマーケット。社長の重松大輔氏はベンチャーの事業責任者として新規事業立ち上げを成功させ、いよいよ自らの起業を模索し始めた。

 2013年7月、重松氏が働いていたフォトクリエイトは東証マザーズへの上場を果たした。

「入社時15人ほどだった従業員は100人超へ成長しました。上場を区切りに、本格的に起業の準備を始めました」

 当時温めていた事業アイデアは100を超えるという。その中で、①IT技術者のようにシステムはつくれないが、その基になるアイデアは出せる②特に法人を相手にした交渉力、営業力には自信がある③PR経験を生かし、メディアにアピールできる――という3つの強みを生かせる事業を絞り込んでいった。あらゆる空間のレンタル仲介という、スペースマーケットのアイデアについていえば、まず空間の貸し手がある程度揃わなければ、このビジネスは成立しない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る