スペースマーケット・重松大輔社長<4>不動産流動化は進む

公開日: 更新日:

「あらゆる空間のレンタル仲介」のアイデアをもとに起業

 ホームパーティーや会議、撮影などに使えるさまざまな空間のレンタルをネットで仲介しているスペースマーケット。社長の重松大輔氏はベンチャーの事業責任者として新規事業立ち上げを成功させ、いよいよ自らの起業を模索し始めた。

 2013年7月、重松氏が働いていたフォトクリエイトは東証マザーズへの上場を果たした。

「入社時15人ほどだった従業員は100人超へ成長しました。上場を区切りに、本格的に起業の準備を始めました」

 当時温めていた事業アイデアは100を超えるという。その中で、①IT技術者のようにシステムはつくれないが、その基になるアイデアは出せる②特に法人を相手にした交渉力、営業力には自信がある③PR経験を生かし、メディアにアピールできる――という3つの強みを生かせる事業を絞り込んでいった。あらゆる空間のレンタル仲介という、スペースマーケットのアイデアについていえば、まず空間の貸し手がある程度揃わなければ、このビジネスは成立しない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  3. 3

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  4. 4

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  5. 5

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  6. 6

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  7. 7

    徳勝龍の相撲人生を変えた大横綱・北の湖親方からの助言

  8. 8

    東出昌大と不倫の唐田えりか ドラマ出演シーン削除の余波

  9. 9

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  10. 10

    #MeTooに参加 インリンさんがセクシーを発信し続ける理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る