塩水港製糖・久野修慈会長<1>大空襲と大地震を生き延びた

公開日:

 パールエース印の砂糖や「オリゴのおかげ」ブランドで知られる製糖会社大手「塩水港精糖」。会長を務める久野修慈氏という人物、実はタダ者ではない。

 久野氏は同社に来る前、大洋漁業(現マルハニチロ)に在籍し、常務や専務を歴任。中興の祖・中部謙吉元社長を支えた。大洋ホエールズ(現横浜DeNAベイスターズ)の球団社長にも就き、川崎から横浜への本拠地移転や事業立て直しに奔走した。

 その一方で、白洲次郎氏が経営改革のために大洋漁業に招聘されると、そのサポート役を十数年にわたって務めた。GHQと対等に渡り合い、日本の戦後復興の一役を担った白洲氏との出会いは、もともと、親分肌だった久野氏の人間の幅をさらに大きくした。

 久野氏は二・二六事件が起こる前月の1936年1月、5人姉弟(女1男4)の次男として福井県で生まれた。「運よく生き延びた」と振り返る。終戦直前の45年7月には米軍による福井大空襲。市街地の損壊率は85%と壊滅的な打撃を受けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  7. 7

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る