塩水港製糖・久野修慈会長<1>大空襲と大地震を生き延びた

公開日:

 パールエース印の砂糖や「オリゴのおかげ」ブランドで知られる製糖会社大手「塩水港精糖」。会長を務める久野修慈氏という人物、実はタダ者ではない。

 久野氏は同社に来る前、大洋漁業(現マルハニチロ)に在籍し、常務や専務を歴任。中興の祖・中部謙吉元社長を支えた。大洋ホエールズ(現横浜DeNAベイスターズ)の球団社長にも就き、川崎から横浜への本拠地移転や事業立て直しに奔走した。

 その一方で、白洲次郎氏が経営改革のために大洋漁業に招聘されると、そのサポート役を十数年にわたって務めた。GHQと対等に渡り合い、日本の戦後復興の一役を担った白洲氏との出会いは、もともと、親分肌だった久野氏の人間の幅をさらに大きくした。

 久野氏は二・二六事件が起こる前月の1936年1月、5人姉弟(女1男4)の次男として福井県で生まれた。「運よく生き延びた」と振り返る。終戦直前の45年7月には米軍による福井大空襲。市街地の損壊率は85%と壊滅的な打撃を受けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  4. 4

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  7. 7

    北方領土問題には触れず 日ロ首脳会談はやはり“中身ゼロ”

  8. 8

    問題山積でも突き進む…外国人労働者受け入れに専門家警鐘

  9. 9

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  10. 10

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

もっと見る