米国松下電器 岩谷英昭元会長<2>20代から一人で決断する

公開日: 更新日:

 パナソニックの米国事業の中興の祖として知られる米国松下電器(現米国パナソニック)の元会長、岩谷英昭。

 1968年、新卒で松下電器に入社した岩谷は、すぐにアメリカに赴任し、2年間の海外勤務を終えると、電池事業部の海外営業部に配属された。海外営業部といっても直属の上司は主任の一人だけ。まだ24歳だった岩谷は、たった一人でニューギニア、ニューカレドニア、ヤップ島、コロール、グアム島という広い地域をカバーしなければならなかった。主に乾電池を売っていた。

「1つの島の取引は1億円もいかない。だから、会社も重要視していなかったのかも知れませんね。上は、そこはおまえのテリトリーだから、おまえが好きなようにせい、売り上げ目標も出張計画もおまえがつくれ、というわけです。予算の管理まで、なんでもかんでも自分でやらなければならなかった。経営者のようなものです。すごく勉強になりました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

  2. 2

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  3. 3

    ゴーンが極秘に語った「日産は2~3年以内に倒産」の現実味

  4. 4

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  5. 5

    また「民主党も」発言…いつまであの人を有難がって使う?

  6. 6

    子供には食べさせたくない 高カロリーな異性化糖入り菓子

  7. 7

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  8. 8

    ゴーンに国外追放&暗殺の可能性 レバノン反政府デモ拡大で

  9. 9

    抜き差しならない安倍・菅対立 最後は内ゲバで自壊の予兆

  10. 10

    警備都合で草木ゼロ「おもてなし」には程遠い選手村の実態

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る