米国松下電器 岩谷英昭元会長<2>20代から一人で決断する

公開日:  更新日:

 パナソニックの米国事業の中興の祖として知られる米国松下電器(現米国パナソニック)の元会長、岩谷英昭。

 1968年、新卒で松下電器に入社した岩谷は、すぐにアメリカに赴任し、2年間の海外勤務を終えると、電池事業部の海外営業部に配属された。海外営業部といっても直属の上司は主任の一人だけ。まだ24歳だった岩谷は、たった一人でニューギニア、ニューカレドニア、ヤップ島、コロール、グアム島という広い地域をカバーしなければならなかった。主に乾電池を売っていた。

「1つの島の取引は1億円もいかない。だから、会社も重要視していなかったのかも知れませんね。上は、そこはおまえのテリトリーだから、おまえが好きなようにせい、売り上げ目標も出張計画もおまえがつくれ、というわけです。予算の管理まで、なんでもかんでも自分でやらなければならなかった。経営者のようなものです。すごく勉強になりました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  5. 5

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  6. 6

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  9. 9

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る