大規模停電、インフラ壊滅…震度7の北海道は復旧長期化

公開日:  更新日:

 6日午前3時8分ごろ、北海道の胆振地方中東部を震源とする地震があり、安平町で震度6強の揺れを観測。気象庁は午後になって、厚真町鹿沼で震度7を観測していたと発表した。

 気象庁によると、震源の深さは37キロで、地震の規模(マグニチュード)は6・7と推定。道内は各地でインフラ被害が発生し、市民生活に甚大な影響が出た。余震とみられる地震も相次ぎ、気象庁が警戒を呼び掛けている。北海道で震度7を記録したのは史上初めて。

 警察や消防には土砂崩れや家屋倒壊、火災などの通報が続々と寄せられ、道内の全約295万戸で停電。その後、一部地域では解消されたが、札幌市中心部でも大規模な停電が発生し、札幌市内では電話の不通やテレビ放送が受信できないなどの被害が出た。揺れの大きかった厚真町では大規模な土砂崩れが発生。町内の道路は一部、液状化した。浦臼町と雨竜町で断水、厚真町や安平町で住民が生き埋めになり、救助活動が続いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る