大規模停電、インフラ壊滅…震度7の北海道は復旧長期化

公開日:  更新日:

 6日午前3時8分ごろ、北海道の胆振地方中東部を震源とする地震があり、安平町で震度6強の揺れを観測。気象庁は午後になって、厚真町鹿沼で震度7を観測していたと発表した。

 気象庁によると、震源の深さは37キロで、地震の規模(マグニチュード)は6・7と推定。道内は各地でインフラ被害が発生し、市民生活に甚大な影響が出た。余震とみられる地震も相次ぎ、気象庁が警戒を呼び掛けている。北海道で震度7を記録したのは史上初めて。

 警察や消防には土砂崩れや家屋倒壊、火災などの通報が続々と寄せられ、道内の全約295万戸で停電。その後、一部地域では解消されたが、札幌市中心部でも大規模な停電が発生し、札幌市内では電話の不通やテレビ放送が受信できないなどの被害が出た。揺れの大きかった厚真町では大規模な土砂崩れが発生。町内の道路は一部、液状化した。浦臼町と雨竜町で断水、厚真町や安平町で住民が生き埋めになり、救助活動が続いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る