立岩陽一郎
著者のコラム一覧
立岩陽一郎

ジャーナリスト、1967年生まれ。91年、一橋大学卒業後、NHK入局。テヘラン特派員、社会部記者、国際放送局デスクなどを経て2016年12月に退職し、17年からフリーランスとして活動。現在は調査報道を専門とする認定NPO運営「ニュースのタネ」編集長。アメリカン大学(米ワシントンDC)フェロー。毎日放送「ちちんぷいぷい」レギュラー。

“科学信じない”大統領との信頼関係がなぜ安倍支持の理由に

公開日: 更新日:

「危険な状況だ。住民は避難所など安全な場所への避難を行うように」

 テレビでは連日、暴風雨についての予測が流れ、知事が記者会見を開いて、危険について力説。日本の話ではない。アメリカでのことだ。9月13日、CNNテレビが報じている内容だ。

 南、北カロライナ州、バージニア州沿岸に強力なハリケーンが上陸するという。驚いたのは、片側4車線の高速道路を映したヘリ中継だ。8車線全部が、州外へ出る車となっている。緊急車両以外の州への流入を禁止しているのだ。

 台風が猛威を振るった日本だが、それは実は世界で起きている現象だ。トランプ大統領も「我々は(避難対象地域の)あなたとともにいる」とツイート。しかし、どこか腰が引けているように見えるのは、この大統領が災害対策に無策なことが批判されているからだろう。

 トランプ政権発足後、ヒューストン、プエルトリコをハリケーンが襲っているが、いずれの対応も後手に回ったことが批判されている。プエルトリコでは3000人が犠牲になっている。そもそも、台風にしろハリケーンにしろ、海面温度の上昇、つまり温暖化が原因とされるが、トランプ大統領はこれをかたくなに否定してきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  4. 4

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  7. 7

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  8. 8

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  9. 9

    和田アキ子戦々恐々…カンニング竹山が「ご意見番」下剋上

  10. 10

    最低12.0%で最高39.7% NHK大河ドラマの全話平均視聴率

もっと見る