貝印・遠藤宏治社長<1>子供の頃から会社を継ぐ役割を自覚

公開日:

 カミソリや包丁、爪切りのほか、調理用やビューティー系、さらに医療用のメスまで、世界でも類を見ない刃物のデパートといえるのが貝印だ。遠藤宏治は3代目社長である。発祥の地は岐阜県関市。創業者の代から「禅の教え」に学んできたという。

「関市の隣の美濃加茂市に臨済宗の正眼寺という寺院があります。川上哲治さんや星野仙一さんも修行に来られた専門道場があって、当社も毎年8月、新入社員が2泊3日の研修を行い、仲間意識を醸成してもらっています」

 遠藤家に出入りしていた正眼寺の老師から、「オマエはこの家の跡取りなのだから」という話を、幼少の頃からよく聞かされていたそうだ。

「子供の頃から、将来は会社を継ぐ運命、役割なのだなという自覚はありました」

 岐阜県関市は、昔から刃物の町として知られる。貝印の御曹司は、当時、関市では特別な存在だったのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る