貝印・遠藤宏治社長<2>バイヤーの知識と迫力に驚く

公開日: 更新日:

 カミソリや包丁など刃物商品で有名な「貝印」の3代目社長である遠藤宏治。早大卒後、米国の大学に留学してMBAを取得。帰国後、家業を継ぐ前にまずコクヨで2年間、修業を積んでいる。1980年のことだ。

「私のような創業家の跡取りは、銀行に行くのがいわばお決まりのコースですが、銀行は嫌だったんです。貝印はモノをつくっている会社なのでメーカーが希望でした。コクヨさんとは商売上も取引があって、ハサミやカッターナイフを納品していました。また、コクヨさんには取引のある会社の子弟を受け入れる制度があったので、親父がお願いをして、2年間という約束でコクヨさんに受け入れてもらったわけです」

 コクヨでは、文具ではなくスチールデスクなどオフィス家具の営業に携わった。コクヨは黒田ファミリーが経営している。貝印と同じくオーナー企業だ。創業家が経営にどう関わるべきか、組織のあり方も勉強になったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  6. 6

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  7. 7

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る