花園万頭、人形町亀井堂…和菓子店が経営破綻で消えていく

公開日: 更新日:

 和菓子店が大ピンチだ。東京商工リサーチの「2018年1~10月の和洋菓子店の倒産状況」によると、倒産件数は前年同期比の1.2倍に上った。

「今年は有名店の『花園万頭』が倒産するなど、和菓子店の経営難が目立っています。9月には昭和4(1929)年創業で、瓦せんべいが有名な人形町亀井堂も、東京地裁から破産開始決定を受けています」(東京商工リサーチ調査部の関雅史氏)

 花園万頭は、天保5(1834)年創業の老舗和菓子店。まんじゅうに加え、「ぬれ甘なつと」が人気で有名百貨店内など全国56カ所に売り場があった。ピーク時には約42億円(94年6月期)の売上高を誇ったが、昨年(17年6月期)は約19億円まで減少。債務超過に陥り、5月に倒産した。

「コンビニはシニア層を獲得するため、数年前から和菓子に力を入れ始めています。レジ付近に、一口サイズのようかんやどら焼きを並べ、購買意欲をそそっています。その影響もあって、昔から商店街にある小さな和菓子店は売り上げが減少しています」(流通関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  8. 8

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  9. 9

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  10. 10

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

もっと見る