井村屋のあずきバー “元和菓子屋”の強み生かして大当たり

公開日: 更新日:

 夏本番。この時期最も売れるアイスキャンディーといえば、井村屋の「あずきバー」だ。あずきたっぷりで後味のよいアイスは1973年の発売から40年以上経ったいまも市場の主役。国内のスーパーの9割以上で販売されており、13年度には過去最高となる年間約2億6700万本の販売実績を記録した。

 井村屋の原点は和菓子屋。1896年、あずきを使った“ようかん”を発売したのがはじまりだ。1960年に「即席ぜんざい」、62年に「ゆであずき」を発売。いずれも全国的ヒットとなり、あずき=井村屋の認知度が一気に高まった。その勢いを持って63年、アイスクリーム事業に本格参入。だがアイス市場に対しては後発であったため苦戦を強いられる。

「当初はバニラモナカなどをつくっていたが、差別化は難しいと判断し原点回帰。創業社長・井村二郎の“他人の真似をしない”という特色経営の考えに基づき、あずきを使ったアイスを考えた」(井村屋グループ経営戦略部の尾崎弘二氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  5. 5

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    専門家が指摘「再び東京湾台風が上陸する」地震のリスクも

  8. 8

    囁かれる山Pの二の舞…脱退&退所の錦戸亮に明日はあるか

  9. 9

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  10. 10

    令和の大女優候補 清野菜名の超ストイックな女子会ライフ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る