• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

井村屋のあずきバー “元和菓子屋”の強み生かして大当たり

 夏本番。この時期最も売れるアイスキャンディーといえば、井村屋の「あずきバー」だ。あずきたっぷりで後味のよいアイスは1973年の発売から40年以上経ったいまも市場の主役。国内のスーパーの9割以上で販売されており、13年度には過去最高となる年間約2億6700万本の販売実績を記録した。

 井村屋の原点は和菓子屋。1896年、あずきを使った“ようかん”を発売したのがはじまりだ。1960年に「即席ぜんざい」、62年に「ゆであずき」を発売。いずれも全国的ヒットとなり、あずき=井村屋の認知度が一気に高まった。その勢いを持って63年、アイスクリーム事業に本格参入。だがアイス市場に対しては後発であったため苦戦を強いられる。

「当初はバニラモナカなどをつくっていたが、差別化は難しいと判断し原点回帰。創業社長・井村二郎の“他人の真似をしない”という特色経営の考えに基づき、あずきを使ったアイスを考えた」(井村屋グループ経営戦略部の尾崎弘二氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  9. 9

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る