開業しか選択肢なく…倒産急増の歯科医院が抱えるジレンマ

公開日: 更新日:

 歯科医院の倒産が急増していることが分かった。東京商工リサーチの調査によると、2017年度の歯科医院の倒産件数は20件と、前年度の11件から2倍になっている。20件台となったのは、23年ぶりだ。

 さらに廃業も、65件(15年)→168件(16年)→144件(17年)と、この2年間激増している。

「倒産増加の大きな原因は、競合の激化です。歯科医院は開業する時、機材をリースにすることが多いため、自己資金が少なくて済み、新規参入をしやすいのが特徴です。そのため、患者数が見込めるオフィス街や駅前に歯科医院が次々に誕生しています。しかも、人口が減っているのに、歯科医師の数は減っていない。この10年、国家試験の合格者は2000人前後で変わっていません。やめる歯科医師も少ない。そのうえ、ここにきて歯科衛生士や事務スタッフの人件費が上がり、歯科医院の経営を圧迫しています」(東京商工リサーチ情報本部・平岩久明氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る