日本政府IWC脱退表明は逆効果 鯨肉大幅減という皮肉な未来

公開日: 更新日:

 世間の反対を押し切って国際捕鯨委員会(IWC)からの脱退を表明した日本政府。今後は沿岸での商業捕鯨を再開していくというが、脱退による影響は予想以上だ。

 水産庁が今年2月に公表した「平成28年度食料需給表」によると、鯨の国内生産量は3000トン、輸入量は1000トンだ。対して、国内消費は3000トンなので残りの1000トンは在庫として保存されている。要するに、いまでも鯨肉は十分足りているのだ。これ以上、漁獲量を増やしたところで、在庫が増えるだけなのではないか。

 日本政府は2010年に、IWCから日本の沿岸での商業捕鯨を認める妥協案も提示されたが、捕獲枠を巡って合意には至らなかった。日本に鯨肉を輸出するノルウェーはIWC加盟国だが、独自に捕鯨枠を設け、商業捕鯨を再開している。沿岸での商業捕鯨を再開するのにIWCを脱退する必要性もないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  2. 2

    公民権停止もあるぞ 桜を見る会中止で疑惑モミ消しの悪質

  3. 3

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  4. 4

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

  5. 5

    妊娠・出産を乗り越え弁護士に…宣誓式で判事が粋な計らい

  6. 6

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    首相主催の桜を見る会 よく税金で盛大な宴会なぞできるよ

  9. 9

    正答例を事前閲覧 入試に乗じるベネッセのカンニング商法

  10. 10

    客が次々…深夜ワンオペ飲食店で起きた心温まるハプニング

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る