実はゴーンの誕生会? ルノー&日産“提携祝い夕食会”に疑惑

公開日: 更新日:

 2014年3月にパリ郊外のベルサイユ宮殿で開かれたルノーと日産自動車の提携15周年を祝う夕食会。実は両社の前会長カルロス・ゴーン被告の誕生日パーティーだったのではないか、という疑惑が浮上している。フランスの経済紙レゼコー(電子版)が8日、報じた。

 夕食会の費用は少なくとも60万ユーロ(約7500万円)。オランダにある両社の統括会社「ルノー日産BV」が負担した。両社が提携関係を結んだのは3月27日だが、夕食会はゴーンの60歳の誕生日に当たる同9日だった。招待客は約200人で、レバノン人やブラジル人の実業家らが出席し、日産とルノーの関係者は少数だったという。

 一方、16年10月に同じくベルサイユ宮殿で開かれたゴーンとキャロル夫人(同右)の結婚披露宴にルノーの資金5万ユーロ(約600万円)を流用したとされる報道について、ゴーンの弁護士は、疑惑は誤解によるもので費用を支払う用意があると釈明。ラジオ・フランスの取材に対し、「ゴーン前会長は請求書などを確認せず、スタッフが処理をしたとみられる。不正だという疑惑は誤解だ」と語り、ゴーンがベルサイユ宮殿を無償で使った経緯を把握していなかったと主張した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る