安倍政権下の日本と酷似…ソ連経済は「統計偽装」で崩壊

公開日: 更新日:

 厚労省「毎月勤労統計」の不正調査に続き、GDPのかさ上げ疑惑も浮上し、統計への信頼がガタガタになっている。安倍首相は、毎勤の問題を「セーフティーネットへの信頼を損なう事態を招いたことについておわび申し上げる」と矮小化に懸命。このままでは国が滅びかねないが、ソ連崩壊に大きなヒントがあった。

 1党独裁の下、ソ連政府は経済統計を改ざんしまくり、「経済はうまくいっている」「米国を超えた」などの喧伝を繰り返した。

 同時に、ソ連は統計についての自由な研究を封じていた。1985年にトップに就いたゴルバチョフ書記長(写真)のグラスノスチ(情報公開)で、ようやく研究が許されるようになり、統計の正体が暴かれるようになった。

 87年、ジャーナリストのセリューニンと経済学者のハーニンが衝撃の論文を披露した。〈別表〉の通り、両氏が推計した国民所得の成長率は、ソ連の公式統計とこんなに違っていたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る