菅官房長官が派閥結成か 異例外遊で“ポスト安倍”に存在感

公開日: 更新日:

 新元号発表で「令和おじさん」として注目を集め、一躍、「ポスト安倍」に浮上した菅義偉官房長官が12日、米国での外交日程を終えて帰国。本格的な外交デビューで存在感をアピールしたが、次の一手で「派閥を立ち上げる」とみられている。

 国内の危機管理を担当する官房長官の外遊は異例だ。今回の訪米では、ペンス副大統領、ポンペオ国務長官、シャナハン国防長官代行らトランプ政権のキーマンが個別に会談する厚遇ぶりで、ホワイトハウスの関心の高さもうかがわせた。

 現地時間10日夜、囲み取材で記者から「ポスト安倍に向けた地ならしの狙い」について聞かれた菅氏は、明確な回答を避けたが、「連携を確認することができて、大変有意義だった」と、まんざらでもないふうだった。

「党内には、この外遊を皮切りに、菅さんがポスト安倍に向けた動きを本格化させるという見方があります。すでに無派閥議員を中心とした菅氏を囲むグループがいくつかありますが、それらをまとめ、参院選後に自分の派閥を立ち上げるというのです」(自民党中堅議員)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  2. 2

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  3. 3

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  4. 4

    最終議席予想は安倍敗北 改憲勢力75議席で3分の2に届かず

  5. 5

    この声も警察は排除するのか 地鳴りのような「安倍辞めろ」

  6. 6

    れいわ野原に学会票 東京で公明が共産に半世紀ぶり敗北か

  7. 7

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  8. 8

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  9. 9

    7/20~7/26のあなたの運勢

  10. 10

    ジャニーズからの圧力は? キー局の見解と元SMAP3人の今後

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る