新天皇にもやるのか トランプ“ポンポン握手”に外務省恐々

公開日: 更新日:

「握手だけで終わればいいが……」――。トランプ米大統領の来日を前に、外務省がピリピリしているという。

 原因はトランプの握手の仕方だ。外国の要人らと握手する際、握った手を自分のほうにグイと引き寄せ、左手で相手の手の甲をポンポン叩く癖がある。ドヤ顔のトランプはまるで「俺が親分だ。分かってるな」と言わんばかり。安倍首相金正恩委員長との握手でもポンポンをやっていた。

 イスラエルのネタニヤフ首相と握手したときは手を離したあと、相手の背中をポンと叩くしぐさを見せている。“格下扱い”しているようだ。

「新天皇にも同じことをするのではないかと心配の声が上がっているのです」とは外務省に詳しいジャーナリストだ。

「トランプとしては親愛の情を示すジェスチャーなのかもしれませんが、これを天皇陛下にやられたら“不敬行為”。外務省は責任問題になりかねないと考えているというのです。2年前にトランプが平成の天皇と会見したときは右手だけの握手でしたが、新天皇は13歳下と年が離れている。はずみでポンポンをやってしまうかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  3. 3

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  8. 8

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  9. 9

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  10. 10

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

もっと見る