浮上する新たな「円安誘導政策」を米国が歓迎する理由

公開日: 更新日:

 この手があった――。これから本格化する日米貿易交渉で大きな争点になりそうな「為替条項」。米国は、安倍政権発足直後から6年以上も続く「異次元金融緩和」を意図的な円安誘導政策だとみている。

 なにせ、民主党政権時代、1ドル=80円台だった為替は、安倍政権下、100円を大幅に超える円安をキープ。日本の輸出企業は恩恵を受け、株価は上昇した。他方、米国からすれば、日本車が安く輸入され、米国産農産品が高く輸出された。貿易不均衡の元凶と映っているのだ。

 カナダ、メキシコとの新NAFTA(北米自由貿易協定見直し)や、中国との貿易協議のように、ムニューシン米財務長官は、日本にも為替条項を「確実に盛り込みたい」と鼻息が荒い。

 ついに、外圧によって異次元金融緩和が強制終了される可能性が出てきた。ところが、米中貿易交渉が難航する中で全く別の円安誘導政策が浮上している。しかも、米国は歓迎しているという。どういうことなのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  2. 2

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  3. 3

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  4. 4

    最終議席予想は安倍敗北 改憲勢力75議席で3分の2に届かず

  5. 5

    この声も警察は排除するのか 地鳴りのような「安倍辞めろ」

  6. 6

    れいわ野原に学会票 東京で公明が共産に半世紀ぶり敗北か

  7. 7

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  8. 8

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  9. 9

    7/20~7/26のあなたの運勢

  10. 10

    ジャニーズからの圧力は? キー局の見解と元SMAP3人の今後

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る