トランプ来場で国技館は超厳戒 相撲観戦客は大ブーイング

公開日: 更新日:

 厳戒態勢だった26日の両国国技館。案の定、観客からはブーイングが起きた。

 入場時は金属探知機の通過を義務付けられ、持ち物検査も必須。ビンや缶は持ち込み禁止で、その場で捨てさせられた。

 さらに、入場者には〈座布団等の物を投げるなどの行為を行った場合は退場の上、処罰されることがあります〉と記されたペーパーが配布された。入場手続きの煩雑さで、入り口前は長蛇の列。炎天下で待たされ額の汗を拭う観客からは、「暑い……」「まだか」といった不満が漏れる。

 肝心の取組中も観客から“物言い”がつくありさまだ。優勝が決まっていた朝乃山の取組が、安倍首相トランプ大統領の入場で一時ストップ。観客からは「まだ始まらないのか」「何で止まってる」と声が上がり、「トランプなんか来なきゃいいのに」との恨み節も聞こえた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  2. 2

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  3. 3

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  6. 6

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  7. 7

    バイきんぐ西村瑞樹さんが告白「サイテーな恋愛」の数々

  8. 8

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  9. 9

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  10. 10

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

もっと見る