米朝会談決裂の責任を…金正恩が米担当特別担当ら処刑する

公開日: 更新日:

 韓国紙・朝鮮日報は、31日付の紙面で、ハノイでの2回目の米朝首脳会談で実務交渉を担当した北朝鮮の金革哲国務委員会米国担当特別代表らが決裂の責任を問われ、処刑されたと報じた。

 革哲氏は2回目の米朝首脳会談について米国のビーガン北朝鮮担当特別代表と交渉を進めた際、米国の方針を事前に把握できなかった責任が問われたもようだ。

 また、対米協議を統括した金英哲朝鮮労働党副委員長も「強制労役と思想教育」を受けており、金正恩党委員長の妹の金与正党中央委員会第1副部長も「謹慎中」という。

 さらに、実務交渉団の一員だった統一戦線部の金聖恵統一戦線策略室長や、首脳会談で通訳を務めた女性も問責を受けているとされる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  9. 9

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る