有森隆
著者のコラム一覧
有森隆ジャーナリスト

30年余、全国紙で経済記者。豊富な人脈を生かし取材・執筆中。「『ゴーン神話(マジック)』の終焉 日産を覆う不安の正体」(「月刊現代」2006年12月号)、「C・ゴーン『植民地・日産』の次の獲物(ターゲット)」(同09年1月号)などを執筆。「日産 独裁経営と権力抗争の末路――ゴーン・石原・川又・塩路の汚れた系譜」(さくら舎)を3月に上梓。

ワタミ<上>創業者・渡辺美樹の経営復帰がもたらす影響は

公開日: 更新日:

 居酒屋チェーン大手、ワタミは、24日午前10時から東京・港区高輪にあるTKPガーデンシティ品川で第33期定時株主総会を開催。創業者で自民党参議院議員の渡辺美樹を取締役候補として提案し承認された。

「同氏は、当社の創業者であります。ワタミグループを牽引し、『6次産業モデル』など独自の経営モデルを構築した実績、リーダーシップ並びに参議院議員として1期6年、国政に携わり、外交防衛委員長も務めた経験は、今後の当社グループのさらなる成長のために必要であることから取締役候補者といたしました」

 提案理由はこうだ。

 参議院議員の任期満了後の7月29日以降に、6年ぶりの経営復帰となる予定だ。社長の清水邦晃は続投する。

 渡辺は2月13日、国会内で記者会見し、次の参院選に立候補しない意向を表明。「財政再建と原発ゼロが私の公約だったが、何一つ力を発揮できなかった」と述べた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  2. 2

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  3. 3

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  4. 4

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  7. 7

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  8. 8

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  9. 9

    石原さとみと剛力彩芽 IT社長との“愛の巣”で分かれた明暗

  10. 10

    錦織圭を輩出 盛田正明氏が私財投じ財団を立ち上げた深層

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る