人寄せパンダ小泉進次郎議員 秋田で必死の“イージス隠し”

公開日: 更新日:

 自民党きっての人寄せパンダの小泉進次郎衆院議員がまた、選挙戦の争点隠しに走り回っている。

 参院選が公示された4日、進次郎氏が入ったのは秋田県。陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の調査ミスなどを巡り、アベ自民に逆風が吹き荒れる激戦区だ。

 進次郎氏は2期目を目指す中泉松司候補とイージス配備予定地の秋田市、大仙市、横手市を回って街頭でマイクを握ったが、イージス問題には一言も触れずじまい。記者が「なぜイージスに触れないのか」と2度ブツけても、無言を押し通した。進次郎氏は辺野古新基地移設が争点だった昨年2月の名護市長選に2回、同年9月の沖縄県知事選に3回応援に入ったが、いずれも辺野古の「へ」の字も口にしなかった。進次郎氏は行く先々で、争点隠しに汗をかいている。

 一方で、演説で大半の時間を割いたのが、金融庁報告書で火がついた年金問題だ。年金不安の原因は制度の理解不足だと強調。「中泉氏と一緒に党内で年金改革プランを練っている」とアピールし、年金改革法案を通すには参院で与党の過半数維持が必須と訴えた。そのプランの肝は、現行で上限70歳の支給開始年齢の引き上げ。年金受給を先延ばし、体が動く限り、自ら食いぶちを稼げというものだ。進次郎氏の口八丁手八丁にだまされてはいけない。

(取材協力=ジャーナリスト・横田一)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  3. 3

    【競泳】大橋悠依は金メダル、瀬戸大也は予選落ち…男女エースの明暗を分けた指導者の差

  4. 4

    菅首相が金メダル第1号選手に祝福電話も…「人気取り狙い」バレバレで逆効果

  5. 5

    選手村が五輪中スカスカに? 米国体操チーム“脱出”に組織委は弱腰…今後も続出か

  6. 6

    篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

  7. 7

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  8. 8

    小芝風花vs二階堂ふみ“ラブコメ対決”ともに大苦戦…既視感ありすぎ視聴者ドッチラケ

  9. 9

    【スケートボード】ストリート金・堀米雄斗の驚くべき稼ぎ!スポンサー10社以上、LAに豪邸購入

  10. 10

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

もっと見る