人寄せパンダ小泉進次郎議員 秋田で必死の“イージス隠し”

公開日: 更新日:

 自民党きっての人寄せパンダの小泉進次郎衆院議員がまた、選挙戦の争点隠しに走り回っている。

 参院選が公示された4日、進次郎氏が入ったのは秋田県。陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の調査ミスなどを巡り、アベ自民に逆風が吹き荒れる激戦区だ。

 進次郎氏は2期目を目指す中泉松司候補とイージス配備予定地の秋田市、大仙市、横手市を回って街頭でマイクを握ったが、イージス問題には一言も触れずじまい。記者が「なぜイージスに触れないのか」と2度ブツけても、無言を押し通した。進次郎氏は辺野古新基地移設が争点だった昨年2月の名護市長選に2回、同年9月の沖縄県知事選に3回応援に入ったが、いずれも辺野古の「へ」の字も口にしなかった。進次郎氏は行く先々で、争点隠しに汗をかいている。

 一方で、演説で大半の時間を割いたのが、金融庁報告書で火がついた年金問題だ。年金不安の原因は制度の理解不足だと強調。「中泉氏と一緒に党内で年金改革プランを練っている」とアピールし、年金改革法案を通すには参院で与党の過半数維持が必須と訴えた。そのプランの肝は、現行で上限70歳の支給開始年齢の引き上げ。年金受給を先延ばし、体が動く限り、自ら食いぶちを稼げというものだ。進次郎氏の口八丁手八丁にだまされてはいけない。

(取材協力=ジャーナリスト・横田一)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感