大臣経験者が落選危機 参院選注目の女性候補22人当落予想

公開日: 更新日:

 4日公示された参院選(21日投開票)。女性の候補者は104人で全体に占める割合は過去最高の28.1%となった。各党ともかつてほどの“タレント候補”擁立合戦にはなっていないが、あの気になる女性候補は当選できるのか? 政治評論家の野上忠興氏と政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏の分析を参考に、日刊ゲンダイが注目の22人の当落を予想した(別表)。

  ◇  ◇  ◇

「老後資金2000万円不足問題」や「陸上イージス調査ミス」などで1人区では自民党に大逆風が吹いている。宮城、秋田、山形、福島はいずれも野党統一候補が優勢で、3期目を目指す大臣経験者の森氏に赤信号がともった。

 東京では自民の丸川氏と共産の吉良氏が当選圏内。セクハラやじ被害で有名になった塩村氏も議席を獲得できそうだ。

「れいわ新選組の山本太郎代表が比例に回ったことで、当選枠6つの東京選挙区には1議席の余裕ができた。この女性3人は最終議席争いから脱出しました」(野上忠興氏)

 最高裁で違法性が認められたGPS捜査裁判の主任弁護人を務め一躍脚光を浴びた亀石氏は、維新が強い大阪という土地柄で苦戦中。地元テレビの人気アナで元衆院議員の永江氏は、3年前の参院選で落選した屈辱を晴らせそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  2. 2

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  3. 3

    草津町議だった新井祥子さん 性的被害告発でリコール失職、海外メディアも注目したその後は…

  4. 4

    【競泳】無冠の瀬戸大也が現役続行 今後は海外でコツコツと賞金稼ぎの旅

  5. 5

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  6. 6

    「水泳ニッポン」自国開催で大惨敗…瀬戸不振、日本水連の甘さ、平井HCの処遇に影響も

  7. 7

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  8. 8

    瀬戸大也と大坂なおみの敗退で生じた「アスリートに人間性は必要か?」という問い

  9. 9

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  10. 10

    有村架純と大相撲・明生関に交際情報 所属事務所が“強烈かち上げ”激怒の全否定

もっと見る