【山口】巨象とアリの勝負 首相お膝元で獲得目標は46万票

公開日: 更新日:

【山口】(改選数1)

○○林  芳正58自現
  大内 一也45国新

 安倍首相のお膝元で、自民が衆参6議席を独占する自民王国だ。5期目を目指す林は閣僚を歴任した超ベテラン。6年前は次点に36万票差で完勝した。対する野党統一候補の大内は元鎌ケ谷市議。2017年衆院選は希望の党から山口1区に立ったが、高村正彦元外相の長男・正大に10万票近い大差で惨敗した。

 大内陣営は「巨象にアリの大群で挑みます。大内は衆院選敗退後から頻繁に街頭に立って、着々と知名度を上げてきました」(選対関係者)と意気込むが、「野党は上関原発の建設計画を巡って分裂状態。一枚岩ではないので差は埋められそうにない」(地元紙記者)。

 余裕の林が意識するのは勝ち方だ。

「衆院鞍替えがたびたび浮上し、本人も意識している。存在感をアピールするため6年前の約46万票を上回る得票数を目標に掲げ、『初心に帰った選挙戦を展開する』と、気合が入っています」(前出の地元紙記者)

 歯牙にもかけられない大内が一泡吹かせられるか。

○当選圏内、△拮抗でやや優勢、▲拮抗でやや劣勢。上段は政治評論家・野上忠興氏、下段は政治ジャーナリスト・泉宏氏の予想。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  6. 6

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る