宮田律
著者のコラム一覧
宮田律現代イスラム研究センター理事長

1955年、山梨県甲府市生まれ。83年、慶應義塾大学大学院文学研究科史学専攻修了。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)大学院修士課程修了。専門は現代イスラム政治、イラン政治史。「イラン~世界の火薬庫」(光文社新書)、「物語 イランの歴史」(中公新書)、「イラン革命防衛隊」(武田ランダムハウスジャパン)などの著書がある。

オサマ・ビンラディンの息子が死亡…甦るアルカイダの影

公開日: 更新日:

 オサマ・ビンラディンの息子のハムザ・ビンラディン(1989年生まれ)が死亡したと、7月31日に米NBCテレビが複数の米政府関係者の発言として伝えた。

「ニューヨーク・タイムズ」によれば、2人の米政府関係者はハムザが過去2年余りの間に殺害されたと述べた。オサマ・ビンラディンは、過激派組織「アルカイダ」の創設者で、米国が2001年の911同時多発テロの首謀者と見なした人物である。

 ハムザは、欧米をターゲットにする大規模なテロを考え、アルカイダの「復権」を目指していたとされ、アフガニスタンと国境を接するパキスタンの「連邦直轄部族地域(FATA)」を拠点に活動していたと見られている。彼は、2018年3月に、アルカイダのメディアを通じて、アラビア半島の人々が「不敬虔」なサウジアラビア王政に対して蜂起するように呼びかけた。これに対してサウジアラビア政府はハムザの市民権を剥奪して、米国政府も彼を「国際テロリスト」に指定し、その情報提供に100万ドルの懸賞金をかけた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  4. 4

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  5. 5

    虎戦力外の鳥谷をスルー 巨人今オフ補強“本命”は広島菊池

  6. 6

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  7. 7

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

  8. 8

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  9. 9

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  10. 10

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る