対韓輸出規制めぐり…世耕経産相が共同通信に粘着ツイート

公開日: 更新日:

 戦後最悪といわれる日韓関係の火種をつくった世耕経産相が“火消し”に躍起になっている。元徴用工訴訟への対抗措置として発動された対韓輸出規制をめぐり、世耕氏は当初、「G20までに満足する解決策が全く示されなかった」と発言。事実上の報復だと認めたため、マスコミはその通りに報じ、対立はエスカレート。すると、世耕氏は報道をねちねち監視し、ツイート連投で物言いをつけまくっているのだ。ミニチュア・トランプ気取りか。

 世耕氏は14日、こうツイートしていた。

〈共同通信はこちらの誤報についても、1年近くたっても何ら訂正を行っていません〉

 世耕氏がイチャモンをつけているのは、「MOX燃料の再処理断念 電力10社、核燃サイクル崩壊」(2018年9月2日付)と見出しを打った共同通信の配信記事だ。対韓輸出規制をめぐり、世耕氏の思惑とは異なる記事を配信する共同を執拗に攻撃している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  4. 4

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  5. 5

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  8. 8

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

もっと見る