ファーウェイ技術者らがアフリカで“政府スパイ行為”加担か

公開日: 更新日:

 中国の通信機器大手ファーウェイの技術者らがアフリカ東部ウガンダと南部ザンビアの政府に協力し、政敵の通信傍受やIT機器への不正アクセスなどスパイ行為に加担した疑惑が浮上している。米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版が14日(現地時間)、報じた。

 ファーウェイは両国でサイバー部門などの業務を請け負い、同社から派遣された技術者らは政府内で働いていたという。

 ムセベニ大統領の長期政権が続くウガンダでは昨年、野党政治家の通信アプリによるやりとりの傍受にファーウェイ技術者が協力。当局はこの政治家やその支持者を逮捕した。

 ザンビアでもファーウェイ技術者が、野党系ニュースサイトを運営する関係者の通信を傍受して居場所を特定。当局による逮捕につながったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  5. 5

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  9. 9

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る