室井佑月
著者のコラム一覧
室井佑月作家

1970年、青森県生まれ。銀座ホステス、モデル、レースクイーンなどを経て97年に作家デビュー。TBS系「ひるおび!」木曜レギュラーほか各局の情報番組に出演中。著書に「ママの神様」(講談社)、「ラブ ファイアー」(集英社文庫)など。

東京五輪の暑さ対策は自己管理…この国の責任感のなさよ

公開日: 更新日:

「大会時のボランティア活動の環境について、暑さ対策は基本的に自己管理」(日本財団ボランティアサポートセンター)

 これは先月の16日に日本財団ボランティアサポートセンターが公開した検討会の報告書の言葉。

 自己管理ってことは自己責任つーことか?

 早朝から行われる競技は、始発電車が間に合わないため、終電での会場入りを検討しているらしいしな。

 ヤベェ。マジで殺されるど。熱中症は寝不足やら体調不良が良くないといわれているのに。

 毎年、長期休みになると、どかどかと息子の友達が遊びに来る。我が家は代々木にも歩いていける。ひょっとして、オリンピック期間も息子の友達がやってくるのじゃないかと思って、息子に訊ねてみた。案の定、

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  4. 4

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  5. 5

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  6. 6

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  7. 7

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  8. 8

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  9. 9

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  10. 10

    新型コロナ差別続出 田中・ダル・大谷は米国人の標的に?

もっと見る