室井佑月
著者のコラム一覧
室井佑月作家

1970年、青森県生まれ。銀座ホステス、モデル、レースクイーンなどを経て97年に作家デビュー。TBS系「ひるおび!」木曜レギュラーほか各局の情報番組に出演中。著書に「ママの神様」(講談社)、「ラブ ファイアー」(集英社文庫)など。

東京五輪の暑さ対策は自己管理…この国の責任感のなさよ

公開日: 更新日:

「大会時のボランティア活動の環境について、暑さ対策は基本的に自己管理」(日本財団ボランティアサポートセンター)

 これは先月の16日に日本財団ボランティアサポートセンターが公開した検討会の報告書の言葉。

 自己管理ってことは自己責任つーことか?

 早朝から行われる競技は、始発電車が間に合わないため、終電での会場入りを検討しているらしいしな。

 ヤベェ。マジで殺されるど。熱中症は寝不足やら体調不良が良くないといわれているのに。

 毎年、長期休みになると、どかどかと息子の友達が遊びに来る。我が家は代々木にも歩いていける。ひょっとして、オリンピック期間も息子の友達がやってくるのじゃないかと思って、息子に訊ねてみた。案の定、

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る