セントラルスポーツ 後藤忠治会長<1>五輪出場が人生の挫折

公開日: 更新日:

 1964年の東京五輪から56年ぶり、2度目の東京五輪が1年後に迫っている。フィットネス業界大手のセントラルスポーツ株式会社は、その56年前の東京五輪出場者たちがつくった会社だ。会長の後藤忠治は競泳選手として、100メートル自由形11位、4×100メートル自由形リレー4位の成績をおさめた。立派な実績だが、後藤にとっては人生最大の挫折だった。その経験からセントラルスポーツを設立し、鈴木大地選手(ソウル五輪金メダリスト、現スポーツ庁長官)ら多くのオリンピアンを輩出する原動力となった。

 1941年12月、東京・葛飾区柴又生まれ。直後に太平洋戦争が勃発し、父・重三はインドネシア・ティモール島に出征。残された母・志ツと6歳上の姉、3歳上の兄、母の腹の中の弟とともに、母方の祖父の実家の石川県へ疎開した。

「当時のことはうろおぼえですね。泣き虫だったので、“なまはげ(あまめはぎ)”に脅されて泣いたこと、母に後ろから支えられてラジオの前に立って玉音放送を聞いたこと、終戦後に東京へ戻って真っ黒な父に会い、『この人誰だろう!?』と驚いた記憶ぐらいです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  2. 2

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  3. 3

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  4. 4

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  5. 5

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  6. 6

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  7. 7

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  8. 8

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  9. 9

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  10. 10

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る