米投資家ピケンズ氏死去 80年代に小糸製作所株を買い占め

公開日: 更新日:

 米国の著名投資家ブーン・ピケンズ氏(写真=ロイター)が11日、テキサス州の自宅で死去した。同氏の関係者が米メディアに明らかにした。死因は不明。91歳だった。

 石油会社の創業で巨額の富を築いた同氏は、1960年代から企業の敵対的買収で名を馳せた。89年から91年にかけて、トヨタ系自動車部品メーカー「小糸製作所」の筆頭株主となり、自ら推薦する取締役の選任などを提案。ケイレツや株式持ち合いなど日本独特の商慣習を批判し、今では当たり前となった株主利益の重視を主張した。しかし、当時の日本では受け入れられず「乗っ取り屋」と呼ばれた。

 移民政策についてトランプ大統領に近い急進的発言でも有名で、2016年の大統領選では「政治家ばかりが大統領になるのはうんざりだ」とトランプを支持した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  10. 10

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

もっと見る