ようやく初入閣…北村地方創生相の“髪型”に秘められた事情

公開日: 更新日:

「これから勉強させていただきたい」――。担当分野の政策を聞かれても、答えに窮する場面が目立った。

 既に当選7回、70歳を越えて初入閣した北村誠吾地方創生相(72)。就任会見で「まち・ひと・しごと創生」や特区制度を使った「スーパーシティ構想」など所管の政策を問われると、「大臣として責任あるお答えができるように勉強していく」「前任の大臣から、しっかりと引き継ぐ」とゴマカして、何ひとつ満足に答えられなかった。

 質問時間は残っていたのに報道陣もサジを投げたほどで、第2の桜田ポンコツ大臣になりそうな気配だが、まだ全国的にはなじみが薄い。

 そこで2000年の初当選から20年、ようやく大臣に上り詰めた経緯を調べてみると、あることに気付く。12年と14年の総選挙時の北村氏の候補者写真を比べると、頭髪が不自然に増えているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  2. 2

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  3. 3

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  4. 4

    大場久美子さん 家で「365日3食」利用できる子ども食堂を

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  7. 7

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  8. 8

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る