元助役の死にも疑念 「越後屋の小判」怪文書と謎解き<中>

公開日: 更新日:
口調は厳しいが…(菅原経産相)/(C)共同通信社

原子力ムラ仲間、経産省調査のお手盛り、おざなり

 被害者ヅラが鼻につく関電同様、正義漢ヅラに噴飯モノなのが経産省だ。原子力ムラの旗振り役のくせに、所管官庁として指導的立場を振りかざす。

 9月26日夜に関電幹部の金品受領が報じられると、翌27日、菅原一秀経産相は「事実だとすれば極めて言語道断で、由…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  2. 2

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  3. 3

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  4. 4

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  5. 5

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  6. 6

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  7. 7

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  8. 8

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  9. 9

    阪神1位指名の近畿大・佐藤輝明は前代未聞の大型内野手

  10. 10

    三菱グループではないのに商標が使える「三菱鉛筆」の謎

もっと見る