異質な研究が4兆円市場に…“遊び化成”吉野氏の直感と孤独

公開日: 更新日:

 サラリーマン研究者が世界的な栄誉に輝いた。9日、ノーベル化学賞を受賞した旭化成の吉野彰名誉フェロー(71)。スマホやノートパソコンなどに欠かせないリチウムイオン電池の「生みの親」だ。

 京大大学院で化学を研究し、1972年に旭化成に入社。リチウムイオン電池の開発に着手したのは81年のこと。最初から新型電池を目指したわけではなく、会社に与えられたテーマは「付加価値の高いプラスチックの開発」だった。

 その新材料が00年にノーベル化学賞を受賞した白川英樹氏が発見したポリアセチレン。電気を通すプラスチックだ。吉野氏は電子を自在に出し入れできる特性が充電池素材に適していると直感。世間では当時、「ポータブル」という言葉が流行し、そして「コードレス」や「ワイヤレス」という言葉が盛んに使われるようになっていた。それぞれ今のモバイル、IT化につながる言葉だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  7. 7

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  8. 8

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  9. 9

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

  10. 10

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

もっと見る