異質な研究が4兆円市場に…“遊び化成”吉野氏の直感と孤独

公開日: 更新日:

 サラリーマン研究者が世界的な栄誉に輝いた。9日、ノーベル化学賞を受賞した旭化成の吉野彰名誉フェロー(71)。スマホやノートパソコンなどに欠かせないリチウムイオン電池の「生みの親」だ。

 京大大学院で化学を研究し、1972年に旭化成に入社。リチウムイオン電池の開発に着手したのは81年のこと。最初から新型電池を目指したわけではなく、会社に与えられたテーマは「付加価値の高いプラスチックの開発」だった。

 その新材料が00年にノーベル化学賞を受賞した白川英樹氏が発見したポリアセチレン。電気を通すプラスチックだ。吉野氏は電子を自在に出し入れできる特性が充電池素材に適していると直感。世間では当時、「ポータブル」という言葉が流行し、そして「コードレス」や「ワイヤレス」という言葉が盛んに使われるようになっていた。それぞれ今のモバイル、IT化につながる言葉だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  4. 4

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  5. 5

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  6. 6

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  7. 7

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  8. 8

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る