野田岩 金本兼次郎社長<1>200年続くうなぎの老舗の5代目

公開日: 更新日:

 うなぎの老舗、野田岩。徳川家斉の寛政年間に創業された200年続く老舗だが、5代目・金本兼次郎社長(91)は異色の経営者だ。

 老舗の殻を破り、次々と新規事業に挑戦。百貨店を皮切りに、パリにも出店、4店舗を展開する一方で、うなぎのレトルトパックを開発し、野田岩を年商15億円の食品グループ企業にまで育て上げた、中興の祖だ。

 そんな金本が生まれたのは東京・飯倉4丁目(現東麻布)、今の野田岩本店があるところだ。男5人女3人兄弟姉妹の長男で、小さい頃から跡継ぎとして厳しく鍛えられたという。

「生まれた時から『おまえは5代目なんだから』と言われ、その分大切に育てられたとも思います。お小遣いは他のきょうだいよりたくさんもらった。ただし、仕事に関しては厳しかった」

 朝は早くから起こされ、起きなければ先代にふとんを引きはがされ、2階から引きずり下ろされる。それでも寝ぼけていれば葉物野菜を洗った冷たい水をぶっかけられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  5. 5

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  6. 6

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  7. 7

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  8. 8

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  9. 9

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  10. 10

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る