メルシャン 長林道生社長<1>商社志望だったがキリンに入社

公開日: 更新日:

「そりゃ君、キリンビールに行きなさい」

 上智大学外国語学部フランス語学科4年の長林道生は、就職課のベテラン担当官から当然のように言われる。1987年も秋の気配が漂い、就職戦線は実質的に終盤を迎えていた。長林は当初、仕事にフランス語を生かせる商社に絞って就活し、複数社から内定を得ていた。

 だが、あるOBから「入社後10年は、アフリカのフランス語圏で働くことになるだろう」と明かされる。別の商社のOBにも、「その通りだ。パリで働けるのは50代になってから」と言われる。

「いまならば、喜んで行ったでしょう。でも、当時はまだ若く、世間知らずで将来への不安が大きくなった。このため、方向転換を決意。身近であるという理由から、酒類・食品メーカーを受けました」

 急な転舵だったが、ビール会社を含めいくつもの内定を確保する。そこで、どの会社を選ぶべきか就職課に相談したところ、返ってきた答えが、冒頭だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  5. 5

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  10. 10

    小室圭さん突然文書を発表…“言い訳&反論”でケジメなるか

もっと見る