金子勝
著者のコラム一覧
金子勝慶応義塾大学経済学部教授

1952年6月、東京都生まれ。東京大学経済学部卒業。東京大学大学院 博士課程単位取得修了。 法政大学経済学部教授を経て。2000年10月より現職。TBS「サンデーモーニング」、文化放送「大竹まことゴールデンラジオ」などにレギュラー出演中。『資本主義の克服 「共有論」で社会を変える』集英社新書(2015年3月)など著書多数。新聞、雑誌にも多数寄稿している。

経済を揺るがす関電問題&前厚労政務官口利き疑惑も追及を

公開日: 更新日:

 重要閣僚の辞任ドミノ、萩生田文科相の「身の丈」発言に続き、「桜を見る会」をめぐる安倍首相の後援会の政治資金規正法違反の疑いが出てきている。政権中枢の醜聞は底なしだ。しかし、日本経済の屋台骨を揺るがすスキャンダルにも目を向ける必要がある。関西電力の原発マネー還流問題、上野宏史前厚労政務官による改正入管難民法を悪用した口利き疑惑だ。

 関電問題については、特別背任が疑われる岩根茂樹社長が選任した社内調査委員会を梶山経産相が放置。予定調和な調査結果がまとめられ、幕引きされるだろう。

 経産省は時代遅れの原発輸出政策に東芝を巻き込み、経営危機に陥らせた。電力会社に地域独占を与え続け、関電の電気料金値上げを認可。その上積み分が経営陣や世耕元経産相にキックバックされていた深刻な疑いもある。電力会社はいまだ原発に依存し、世界的潮流の再生可能エネルギーへの転換から取り残された。産業衰退が加速し、ガラパゴス化は必定だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  4. 4

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  5. 5

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  6. 6

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  7. 7

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  8. 8

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  9. 9

    「まさか、そんなことまでは…」を平然とやる安倍政権

  10. 10

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る