共通テストめぐり続々 ベネッセ「採点業者失格」の決定打

公開日: 更新日:

 加えて、同機構の服部奈美子社長がベネッセの商品企画開発本部長を兼務していることも判明。同機構は、試験実施前に「問題と正解例」を閲覧できる。採点業者の社長として知り得た情報を、親会社の本部長の立場で受験ビジネスに生かせば鬼に金棒だ。

 入試センターは「両社は別会社で、役職を兼務していても守秘義務を守れば、違反にはなりません。ただ、誤解を招くので、兼務の解消を協議しています」(担当審議官)と答えた。

「入試改革を考える会」代表で中京大教授の大内裕和氏(教育社会学)が言う。

「17年の研究会も、服部氏の兼務も、契約違反でないからいいという問題ではありません。2つの事例は、ベネッセが利益を最優先し、公正、公平が求められる採点事業者から最も遠いことを示しています。実際、萩生田大臣は厳重注意している。大臣まで怒っている業者に、大事な採点を委託していいのでしょうか」

 問題山積の記述式は、もはや瀕死状態。即刻引っ込めるべきだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  8. 8

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  9. 9

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  10. 10

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

もっと見る