桜を見る会で時間割かれた…安倍首相がまた姑息な印象操作

公開日: 更新日:

 厚顔無恥も甚だしい。野党に責任転嫁する安倍首相の卑劣な発言が物議を醸している。

「桜を見る会」をめぐる問題について、13日に都内で開かれた講演会で、安倍首相が「国会では政策論争以外の話に多くの審議時間が割かれ、国民のみなさまに申し訳なく思う」と発言した一件だ。

 そんなもの、招待客の名簿や前夜祭が開かれたホテルの明細書を出せば、すぐに終わった話。疑惑から逃げ回り、審議時間を潰したのは政府・与党の方だろう。

 そもそも、10月4日に召集された臨時国会は、直後に菅原前経産相と河井前法相の「政治とカネ」問題が発覚し、ドミノ辞任で審議がストップ。野党は関電の金品受領問題や日米貿易交渉などに関する集中審議の開催を求めていたが、与党は拒否し続け、11月6日の衆院予算委と8日の参院予算委でようやく応じた。首相が出席する集中審議が行われたのは、今年3月以来で、実に8カ月ぶりだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  4. 4

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  5. 5

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  6. 6

    口と態度はエース級 巨人の“無名ドラ1”堀田が大物ぶり発揮

  7. 7

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  8. 8

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  9. 9

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

  10. 10

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る