桜を見る会で時間割かれた…安倍首相がまた姑息な印象操作

公開日: 更新日:

 厚顔無恥も甚だしい。野党に責任転嫁する安倍首相の卑劣な発言が物議を醸している。

桜を見る会」をめぐる問題について、13日に都内で開かれた講演会で、安倍首相が「国会では政策論争以外の話に多くの審議時間が割かれ、国民のみなさまに申し訳なく思う」と発言した一件だ。

 そんなもの、招待客の名簿や前夜祭が開かれたホテルの明細書を出せば、すぐに終わった話。疑惑から逃げ回り、審議時間を潰したのは政府・与党の方だろう。

 そもそも、10月4日に召集された臨時国会は、直後に菅原前経産相と河井前法相の「政治とカネ」問題が発覚し、ドミノ辞任で審議がストップ。野党は関電の金品受領問題や日米貿易交渉などに関する集中審議の開催を求めていたが、与党は拒否し続け、11月6日の衆院予算委と8日の参院予算委でようやく応じた。首相が出席する集中審議が行われたのは、今年3月以来で、実に8カ月ぶりだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    河野行革相なのにワクチン担当兼務 菅首相の真の狙いは

  5. 5

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  6. 6

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  7. 7

    杉尾氏の質問に時間稼ぎ答弁 優秀な官僚はトップと同質化

  8. 8

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  9. 9

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  10. 10

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

もっと見る