菅原前経産相「耳から汗会見」が物語る窮地の“逃走本能”

公開日: 更新日:

「当局から要請があればしっかりとお答えをして、誠意をもって協力を申し出たい」――。経産相辞任から約3カ月。菅原一秀衆院議員が20日、やっと公の場に姿を現した。

 菅原氏は国会内で記者団に「ご迷惑をかけたことをおわびする」と謝罪したものの、地元有権者へのメロン・カニ配布や秘書が選挙区内で香典を渡した疑惑についてはダンマリ。告発されたことを理由に挙げ、「コメントを控える」を連発した。

 中身のない弁明に終始しながらも、口ほどに“窮地”を物語っていたのが菅原氏の目や表情だ。記者から「聴取を受けているのか」「いつ疑惑について説明するのか」――と突っ込まれると、額からは大量の汗が噴出。目は今にも泣きだしそうにウルウルし始め、徐々に充血した。

 驚きだったのは、額だけでなく耳からも汗がしたたり落ちたことだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  5. 5

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  6. 6

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  7. 7

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  8. 8

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  9. 9

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  10. 10

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る