WHOが新型コロナの世界的危険度「最高レベル」に引き上げ

公開日: 更新日:

 WHO(世界保健機関)のテドロス事務局長は28日、新型コロナウイルスによる肺炎について、世界全体の危険性評価を4段階で上から2番目の「高い」から最高レベルの「非常に高い」に引き上げた。

 各国に感染拡大に歯止めがかからない状況への対策を呼び掛ける一方、テドロス事務局長は「ウイルスの封じ込めは可能だ」とも強調。世界的な大流行を意味する「パンデミック」には至っていないと繰り返した。

 新型コロナの流行は東京五輪の開催にも影を落としている。IOC(国際オリンピック委員会)のバッハ会長は五輪の延期や中止について「推測や仮定の話には答えない」と明言していないが、ディック・パウンド上級委員はWHOや規制当局からの勧告がない限り、開催中止や延期を検討することはないとしている。

【写真ギャラリー】「ダイヤモンド・プリンセス」号から下船はじまる

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  4. 4

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  5. 5

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  6. 6

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  7. 7

    高齢者には難解…何かと横文字を使いたがる政治家の心理

  8. 8

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  9. 9

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  10. 10

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<中>

もっと見る