姫田小夏
著者のコラム一覧
姫田小夏ジャーナリスト

上海財経大学公共経済管理学院・行政管理学修士(MPA)。中国ウオッチは25年超、うち約15年を上海で過ごす。アジア・ビズ・フォーラム主宰。日刊ゲンダイでの連載などをもとに「ポストコロナと中国の世界観」(集広舎)。

「中国は安全」で帰国ラッシュ 4.4の清明節が次のピークか

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスの感染から避難しようと、イタリア在住の中国人たちが帰国の途についている。

 イタリアは現在、新型肺炎の感染者数で中国に次ぐワースト2だ。最初に爆発的感染が起こったのは2月21~22日にかけてのこと。直後、イタリア北部のロンバルディア州の一部の地区が封鎖されたが、ベルガモ県のように封鎖措置がかからなかった地区もあった。ベルガモ県には多くの中国人が居住し、そのうちの一部が間髪入れずしてイタリアを脱出した。飲食店従業員の王さん(男性・31歳)とその親族7人も、故郷である浙江省麗水市青田県に戻ってきた。

 少し前までは、中国共産党支配に嫌気が差して海外に出て行った中国人も多かったが、今や彼らにとって「中国は世界一安全な国」なのである。ベルギー在住の中国人貿易商は「欧州在住の中国人は新型肺炎騒動で、一刀両断の政策を実施できる祖国を見直し、それに従う忍耐強い国民を見直した」と語っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  2. 2

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  3. 3

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  4. 4

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  5. 5

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    小室圭さん“10月婚”に焦り「解決金」決着で共感得られるか

  9. 9

    和歌山で地震が頻発…本当に南海トラフと無関係なのか?

  10. 10

    黄金期の3倍稼ぐ石橋貴明 “ぼっちYouTuber”化の哀しき晩年

もっと見る