GDP改定値が上方修正の怪 「5年連続プラス成長」の演出か

公開日: 更新日:

 上振れの実感はまったくないが……。

 内閣府が8日、今年1~3月期の国内総生産(GDP)の改定値を公表。物価変動の影響を除いた実質(季節調整値)で前期比0・6%減、年率換算では2・2%減となった。

 マイナスであることに変わりはないが、5月発表の速報値(前期比0・9%減、年率換算3・4%減)から上方修正されたのだ。

 主な原因は、企業の設備投資の上振れだという。「ホンマかいな」と思ってしまうが、今月1日に財務省が公表した法人企業統計で設備投資が予想外に強く、これを反映したところ、GDP統計の設備投資が1次速報の前期比0・5%減から一転、1・9%増にハネ上がったというのだ。

「もっとも、今回の法人企業統計は、新型コロナの影響で調査票の提出が間に合わなかった法人が多く、調査票の回収率は61・4%にとどまっている。新型コロナの影響が限定的で業績が堅調な法人からの調査票を集計した格好なので、7月末に公表する確報で下方修正される可能性があります」(財務省関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  4. 4

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  5. 5

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  8. 8

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  9. 9

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  10. 10

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

もっと見る