公明党が“ポスト河井”の衆院広島3区に斉藤副代表を擁立へ

公開日: 更新日:

 公選法違反で公判中の河井克行元法相(自民党を離党)の衆院広島3区について、公明党は17日、党副代表の斉藤鉄夫衆院議員(比例中国ブロック)を擁立する意向を固め、連立を組む自民党に伝えた。19日にも正式に公認する。

 公明党広島県本部や支持団体の創価学会からは「自民党候補者を応援したくない」などと反発する声が強く、党本部も押し切られた格好だ。

 一方、自民党の広島県連はすでに候補者となる支部長の公募を決めているが、二階幹事長は16日の記者会見で「公明党とは連立を組み、選挙協力をしている」と述べ、公明党との協力関係を重視する考えを示した。

 昨年の参院選で自民党は、県連の反対を押し切って党本部が擁立した河井案里氏が夫と同じ公選法違反でお縄となっただけに、この対立の行方が注目される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  7. 7

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  8. 8

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  9. 9

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  10. 10

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

もっと見る