二階氏の「春謳歌」続く 強靭化5年延長も菅首相が満額回答

公開日: 更新日:

 政界で今、誰が一番偉いのか。その答えをまざまざと見せつけた。菅首相が1日、新たな国土強靱化5カ年計画を策定するよう関係閣僚に指示。二階幹事長肝いりの現行計画は今年度までの3カ年で事業規模7兆円だが、新計画は5年・15兆円を目指す。

 現行計画は2018年の西日本豪雨など災害の頻発、激甚化を受け、同年度補正から国土強靱化予算を増額。3年間集中で160項目の緊急対策を推進してきた。

 二階氏は先月11日、計画の5カ年延長と予算規模拡充を菅首相に直接、要請した。緊急対策の継続に、財務省内には「本当に緊急性があるのか、事業ごとに精査すべきだ」と予算増額を警戒する声もあったが、菅首相の満額回答で二階氏は完全に勝利。1日の会見でも「時宜を得たもので当然のことだ」とご満悦だった。

 二階氏の完勝は菅政権をつくった「キングメーカー」だからこそ。菅首相も「敵に回せば政権運営は危うい」と二階氏に配慮を重ねる。菅首相の「Go To」キャンペーンへの固執も、旗振り役を演じた自分のメンツに加え、“観光族のドン”の二階氏の威光を守るためでもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    大倉忠義「知ってるワイフ」不発の原因はリアルな息苦しさ

もっと見る