トランプ支持者が米議会に乱入 銃撃発生で死者1名の惨事

公開日: 更新日:

 バイデン氏が勝利した昨年11月の大統領選結果を確定する上下両院合同会議の審議が行われていた連邦議会議事堂で6日、トランプ大統領の支持者らがバリケードを突破して議事堂内に乱入。銃撃も発生し、議事堂内で1人が撃たれ死亡した。

 首都ワシントンのバウザー市長は同日午後6時(日本時間7日午前8時)からの夜間外出禁止令を発出した。

 審議前、トランプはバイデン勝利に抗議する集会をホワイトハウス近くで開催。集まった支持者に向かって「我々はあきらめない。負けを認めない。議事堂に行け」などと呼び掛け、その後、数千人のトランプ支持者が議事堂を包囲。一部がガラス窓を割るなどして内部になだれ込み、上院の議長席で拳を突き上げる支持者もいたという。

 議事堂周辺は白煙が立ち込め、政府が州兵を出動させるなど緊迫した状況となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  3. 3

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  4. 4

    大阪市の消防士が4軒ハシゴして警察沙汰に…市消防局の言い草と開き直り

  5. 5

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  6. 6

    鈴木亮平「TOKYO MER」高視聴率の秘密は「水戸黄門」&「アルマゲドン」感

  7. 7

    宮崎美子はビキニ→マクドナルドCMが話題に 枯れないアラ還女優たちの「攻めこそ勝機」

  8. 8

    元「ラーメンズ」片桐仁の俳優活動が大ピンチ! 劇場版「99.9 -刑事専門弁護士-」降板か

  9. 9

    白鵬45回目Vで現役続行示唆も品格ゼロ! 相撲協会激怒で親方株「継承不認可」が急浮上

  10. 10

    郷ひろみ“前期高齢者”でも超元気の秘訣 歌手デビュー50周年で555曲サブスク解禁

もっと見る