立岩陽一郎
著者のコラム一覧
立岩陽一郎ジャーナリスト

ジャーナリスト。1967年生まれ。91年、一橋大学卒業後、NHK入局。テヘラン特派員、社会部記者、国際放送局デスクなどを経て、2016年12月に退職。現在は調査報道を専門とする認定NPO運営「INFACT」編集長。フジテレビ「とくダネ!」、毎日放送「ちちんぷいぷい」出演中。

安倍晋三氏は「米国憲政史上最悪の大統領を支えた総理」に

公開日: 更新日:

 それは「外交の安倍」の象徴として扱われ、自民党はそれを強固な日米関係の基礎として誇ってきた。「各国がうらやましがっている」との発言もあった。もちろん、菅総理もそう評価してきた。

 今、それはアメリカ憲政史上最悪の大統領を支えたのは日本の総理大臣だったとして記録され、記憶されることになった。あらためて菅総理と安倍氏に問うべきだ。これは日本にとって良いことだったのか?

※コラムへの感想や意見は以下のアドレスへ。
 tateiwa@infact.press

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  3. 3

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  4. 4

    香取慎吾オワコン化「アノニマス」打ち切り危機で酷評の声

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    NHK大河「青天を衝け」2回目視聴率急降下でよぎるジンクス

  7. 7

    「アノニマス」は香取慎吾ありき…物足りないテレ東らしさ

  8. 8

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  9. 9

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  10. 10

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

もっと見る